講演内容:

表現力、家庭教育、ファミリーコミュニケーション、創造力、留学に関する事、バイリンガル(日本語と英語)、ダブルズ(両親によって二つの故郷、言葉、文化を持つ子ども達)について、性教育、 町づくり、社会教育、ボランテイア、生きる力、国際理解、幼児教育、幼児英語、女性問題など。

ワークショップ内容:
 新しいオリジナルの方法を用いた英語・バイリンガル教育、表現遊び、創造力を高める、音楽、はさみ英語、指先運動、先生のトレーニング、親子で楽しむ切り絵など。

今までに韓国で日本語と英語で講演を行い、韓国語の通訳がつきました。
幼児〜大学の先生方のために、表現力・創造力・英語・はさみ教育・イングリッシュ イン アクションの方法について講演。また、ソウル大学のホールでは、幼稚園・小学校の園長や校長のためのスピーチを行った。そして、福祉センターや青少年センターでもスピーチを行った。「Asia Future of Children Conference in Chejyu」(日本青年会議所)では、ファミリー・コミュニケーションや家庭教育をメインテーマに講演を行った。
これからも世界へ向けて、もっと講演活動や先生方のトレーニングを行っていきたい。
2002年春には、全国の小学生の総合的な時間のために、アクションを通して英語を教えるプログラムがインターネット上で行われます。テリーは、そのプログラムの全体監修を務めました。

ワークショッププログラム:

●シズ・ウィズはさみ教育

  • チョキチョキCuts(レベル1) 3〜4時間
    下書きは一切使わない、フリーハンドで行うユニークな方法は、指先運動を高めるだけでなく、創造性を高め、吸収しやすい方法で英語も身につきます。
    この方法は、どんな言語で教えるのにも役立ち、特に英語を覚えるのに最適です。実際に切る前に先生方は、はさみの安全性や使い方、右きき・左ききについての話、ハンドエアロビクスも紹介します。
    最も基本的な切り方を学ぶので、3歳〜7歳の子どもを教えるのに適した方法です。
  • アニマルCuts(レベル2) 3〜4時間
    このワークショップでは、動物を中心とした切り方を学びます。チョキチョキCutsで学んだ基本的な切り方を用いて動物の形を作ります。この切り方でフォニックスを覚える方法も含まれています。
    猫・鳥・ぶた・魚・ねずみなどの形を切ります。教える子どもの対象は4歳からです。
  • おしゃべりCuts(レベル3)
    このワークショップでは、フォニックスとアルファベットを学ぶ方法です。
    と同時に、創造力を高め、算数、手と目の連動スキルを学びます。対象の年齢は5歳からです。

すべてのクラスで、実際に切る前にハンドエアロビクスが行われます。参加される方々は、新聞紙、折り紙、のり、ホッチキス、セロテープ、はさみ、色画用紙が必要になります。(折り紙は、これらのワークショップで中心的に使われる材料です。)クラスやワークショップは、英語、日本語、またはバイリンガルで行うことが可能です。また、ホワイトボード、マグネット、マーカー、CDプレーヤーが必要となります。上記のワークショップ以外にも、不思議Cuts、お天気Cuts、ホリデーCuts、役立つ言葉Cutsなどのワークショップも行えます。

●Xpress Yourself(表現教育)
このワークショップでは、音楽や効果音、UFO語を使ったユニークな表現方法を学びます。先生方には、個人又はグループで協力する、楽しいゲーム・表現運動に参加していただきます。このワークショップは、3歳〜8歳の子どもを教えるのに適しています。

●アクションエプロンシアター 2時間
このワークショップでは、どんな言語でも行うことが出来るバイリンガル・アクションエプロンをご紹介します。このアクションエプロンには、言語の中でもバイリンガル(日本語と英語)のマニュアルとCDがついていますので、保育園・幼稚園の子ども達には強力な教育教材となるでしょう。歌、シンプルな踊り、劇も紹介します。エプロンに登場する物を使って、数・色・形・大きさ・果物・野菜・動物・天気・あいさつなど日常生活に役立つ言葉を覚えることも出来ます。対象は、3歳〜6歳児です。

●日本の童謡を英語で歌いましょう! 2時間
現在、インターナショナルスクールだけでなく、日本の学校にも2つの国の文化と言葉を持つダブルの子ども達が増えています。そこで、日本語が分かる子ども達に童謡を用いれば英語も自然に覚えられるでしょう。このワークショップは、日本の童謡を英訳で紹介し、歌いながら表現を使った楽しみながら英語を学ぶ方法です。英訳された童謡は数多く出版されていますが、テリーが英訳した歌は、日本と外国で長年にわたり、実際に子どもと先生たちに使われているという実績があります。英語が日本語のように自然と体に入ってくると先生方の間でも好評です。オリジナルのアクションソングとバイリンガルの曲も紹介します。

ワークショップを行った後に実際にテリーが皆さんの学校で子ども達を教えます。材料やワークショップ内容についてのご質問等は、メールにてお送りください。皆さんとお会いできるのを楽しみにしています!

   
出前親子プログラム:
娘二人(長女24歳・次女22歳)とチームになって、学校・協会・行政・出版社・キャンプに出向いて、ワークショップやセミナーを行います。娘二人は、バイリンガル且つバイカルチャー(母/アメリカ人、父/日本人)です。アメリカ、日本、インターナショナルスクールそれぞれの学校生活を経験しているので、子ども達とも話しがしやすいでしょう。また、二つの言葉と文化の元で育った為、文化交流や国際理解、そしていじめについても話しができるでしょう。バイリンガル教育や家庭づくりにも理解がある。娘二人は、バイリンガルの教育教材で、声の出演・歌・デザインなども担当している。